相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 03日

神奈川県クラブ選手権大会 男子ギガ、女子infinity

結果です。
 男子 優勝:横浜ギガスピリッツ、準優勝:Bad Boys
 女子 優勝:Infinity 準優勝:TEAM-S

本日、寒川でクラブ選手権の決勝戦がありました。寒川の地名に反して、うだるような暑さ・・
 今日は電車でしたので、寒川駅から体育館まで猛暑のなかを歩いていきました。
 でも体育館は空調が効いていて快適・・
 男子勝利は横浜ギガスピリッツでしたが、Bad Boysも素晴らしい健闘ぶりでした。
 特にBad Boys#11斎藤洋介選手は素晴らしいかったです。ギガを常に数点差に捉え、あと少しで逆転というような勢いでした。
 斎藤選手はストリートのレジェンドリーグではa.k.a.YOSKとしてプレイしていて、MCのMAMUSHIからは香水プンプンのチャラ男と呼ばれていますが、自分がBad Boysの選手としてプレイしている斎藤選手を見る限りそんな雰囲気は微塵もなく、バスケ一筋の真面目一辺倒のガチンコプレイヤーだとおもいます。やはり自分的には斎藤選手はBad Boysでプレイしている姿が一番好きです。ぜひ、Bad Boysが次の目標である県大会優勝、全クラ出場を目指してチームを全力で引っ張っていってください。期待しています。それから斎藤洋介選手はまだまだJBLやbjなどプロの世界も十分に狙えるプレイヤーだとおもいますので、チームのこともありますが、是非こちらも頑張ってほしいとおもいます。
一方のギガは水野健一選手や山本吉昭選手もレジェンドから戻ってきて井出大祐選手、斎藤卓選手、五十嵐慎吾選手とともにBad Boysの追撃を振りきり勝利を挙げました。
 今回思ったのですが、Bad Boysの斎藤洋介選手やギガの水野健一選手、山本吉昭選手といったチームの看板選手が決勝と準決勝しか出場しないのはちょっと疑問を感じます。JBLでもbjでも大学、高校、実業団・・どれも所属するすべての選手が練習の段階から一致団結して多くの試合を力を合わせて乗り越えていく・・これがチームですよね、

 それから昨年までギガでプレイしていた池田千尋選手は残念ながら今年はギガを離脱したとのことで、本日は観戦する側にまわっていました。
 今回、会場に入って驚いたのですか、応援がすごかったです。といってもオールジャパンやインターハイの比較ではありませんが、主催者が用意した席はあふれて立ち見の人でごった返していました。もっともっと観客が増えるといいですね、
 
 クラブ選手権をはじめ競技バスケは、ストリートのようにMCはいませんし、気持ちが高ぶる音楽を流してくれるDJもいません。とにかく選手と応援団の一致団結した声だけがゲームを盛り上げる原動力です。ぜひ多くの人たちの応援で試合を盛り上げましょう。

 今回決勝戦に残ったギガとBad Boysはどちらも、普段からよく知っているチームで時々練習にもお邪魔します。ギガは小田和広選手が入団したころですから、まだギガキャッツ時代になるとおもいます。いまから四年以上前ですね、それからBad Boysはメンバーの一人が相模原に住んでいて、よく小田選手など当時のホッブリメンバーたちとイカロスというチームで相模原市の大会にでたり、相模原市の代表として県総体なんかに参加していて、自分も一緒に飲んだりもしました。これからも素晴らしいバスケをみせてください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-08-03 23:15


<< 2008.8.11 Hoop ...      DUNK LEAGUE、8月2... >>