相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 10日

動画の整理 久々に試合を見て、横浜ギガキャッツに想う・・

今日は雨ということで行く予定にしていたレジェンドリーグのイベントも中止になったため家で、ハードディスクの整理をしています。現在自分が使用しているハードディスクは全部で7テラバイトほどで、その大半は静止画像です。現在は静止画像の撮影がほとんどですが、その静止画も現在のように撮り始めたのは5年ほどで、カメラは最初はNikon D100,そしてD2H,現在のD2Xへと続いています。動画は現在では小田和広選手が出演していたライブハウスで三脚を立てて、ほとんど固定撮影を1~2回したくらいです。でも期間的には動画の方が長く、フィルム8mm、VHSフルカセット、S-VHS-C、Hi-8、DV、HDVとずいぶんいろいろなカメラを使用しました。今日ハードディスクの整理をしてたら、以前に自分が撮影した試合のビデオでパソコンに取り込みしたものがいくつかでてきました。
出てきたのは横浜ギガキャッツ最後の年、まさにチーム最後の試合のものもあります。バスケのビデオの撮影ポイントは、試合全体の動きがわかりやすいのは、コートサイドのセンターライン延長上、また選手個人の動きがわかりやすいのはコートエンドです。今まではコートサイドが多かったのですが、この一試合だけはコートエンドで撮っていました。久々に見てみると、なかなかいいです。この時は自分は静止画の方が中心になっていたのですが、静止画は大学関連の写真撮影でも活躍されている方が撮っていたので、自分はビデオを撮ることにしました。
見たのですが懐かしいですね、いすゞギガキャッツ生え抜きの井出選手、現在bj大阪エベッサで活躍している石橋晴行選手や富山グランディーズで活躍している根間洋一選手、レジェンドリーグにも参戦している水野健一選手や斉藤卓選手、それからなんと言っても忘れてならないのが、小田和広選手も大活躍もありました。パソコンには取り込んではないですが、以前に東京のエクセレンスのビデオも撮っていて、現トヨタ自動車アルバルクの宮田諭選手、それからレラカムイ北海道の大西選手なども映っています。そう、オールジャパン関東予選では横浜ギガキャッツvsエクセレンスの試合のテープもあったはずで、そこでは宮田諭選手と石橋晴行選手の1:1も映っていたはずです。

横浜ギガキャッツの最終戦は、神奈川県クラブ選手権のベスト4決めだったとおもいます。2004年11月終わりで翌週にはオールジャパン関東予選を控えたときでした。自分も群馬県太田市で行われる関東予選を応援しようと横浜ギガキャッツのスタッフに宿泊の手配をお願いしてありました。
ところがオールジャパン関東予選が土曜日から行われる前日の金曜日の夜に、小田選手と一緒にホッブリにも多く参加してくれていたJETDANというチームの練習に来ていました。練習中に小田選手に電話が掛かってきて、小田選手が突然途方に暮れた様子、電話が終わってから状況を尋ねると、明日の試合に横浜ギガキャッツは選手の登録問題で出場辞退になった・・とのこと、自分自身も寝耳に水の状態でした。結局、この登録問題はオールジャパン予選だけでなく、クラブ選手権にも及んでそのシーズンの公式戦が全くなくなる・・という状況になりました。結局このクラブ選手権ベスト4決めが横浜ギガキャッツとしての最後の試合になってしまいました。

今あるものは、いつかは無くなるもの、
でも、その無くなる速さは様々です。今回のビデオの試合のように、横浜ギガキャッツは当時すでに運営上で厳しいという話は噂では聞いていました。でも目の前で素晴らしいプレイをしているチームがまさか・・と思いましたし、もし万一ギガキャッツが解散が決まったとしても、それは来シーズン以降のことで、少なくとも今シーズンのオールジャパン関東予選で優勝して、正月のオールジャパン本戦、そして2月の関東クラブ選手権、3月の全日本クラブ選手権で上位に入って有終の美を飾る・・そんなシナリオを浮かべていました。
でも、こんなことになるとは・・多くのチーム関係者も選手たちも、自分たち応援の人たちも想ってはいなかったでしょう。でも、突然の出来事に無念さがこみ上げて来ました。もうギガキャッツのプレイはビデオでしか見れないんだ・・

これらのビデオは現在は自分で見るだけですが、何かしらの機会に皆様方にもご覧いただけることができたら・・とおもっています。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-05-10 14:37 | 写真関連


<< 2008.5.11 ALLDA...      2008.5.7 SOMECI... >>