相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 15日

都・県クラブ連盟・大会参加のお薦め

そろそろ3月も中ごろになり、陽気もだいぶ暖かくなり、新年度も間近になってきました。
チーム関係の方は来年度の活動計画を考えている頃ではないでしょうか。
いままで市区大会などに参加していたチームでそろそろ上位に近づいてきたな・・、今までと違ったバスケをしたい・・なんてお考えの方に今回、お薦めしたいのが、東京都や神奈川県など、都や県のクラブ連盟への参加です。

東京クラブバスケットボール連盟加盟概要 東京以外は各道府県のバスケットボール協会、クラブバスケットボール連盟のHPを参照ください。

いままで、市民大会や区民大会にでていたチームの方も、こんど都大会や県大会に出場することにより、最初はいままで勝っていたのが急に勝てなくなって苦しい想いもするかもれませんが、これをチーム全体が一丸となって乗り越えることがチームを飛躍させる大きなチャンスになるとおもいます。
とことん上を目指したい・・と思っているチームは多いとおもいますが、都や県大会参加はこれを実現するための大きな第一歩になるはずです。
自分自身の周りにも、最近になって都や県大会に参加するようになったチームがあります。以前にくらべてもチーム自体がものすごく成長したな・・と感じられています。
チームがまだ・・という人も、ぜひ今度行われる大会を覗きにいってみてはいかがでしょうか。

都や県大会と市区大会との違いは、
まず市民大会や区民大会と違い、在住・在勤による制限もありません。
あと審判が、日本協会公認または公認審判を目指している人たちが吹くため、審判専門の人以外が吹くことが多い市区大会の帯同審判にくらべて、遥かにジャッジがきちんとしています。ファウルやトラベリングなど微妙な判断基準は身をもって体験することが大事です。
ただし、他のクラブチームや実業団、大学チームなど、どこか一チームでしか選手登録は出来ません。二チーム以上で登録をしたり、登録選手と違う選手を出したりすると、関係チームが没収試合や出場停止などのペナルティーを受ける可能性があるので注意してください。

参加費が少しかかるのが参加に二の足を踏むところですが、東京都の場合、1チーム29000円+1500円×人数という金額になります。たとえば10人登録する場合は、44000円、
東京都の場合、6月から7月にかけての夏季大会、10月から11月にかけての秋季大会兼オールジャパン予選、12月から1月にかけてのクラブ選手権大会があり、それぞれ15000円です。3大会に出場するとして年間89000円、10人で割るとして一人9000円弱でしょうか。
一大会にすると3000円くらいですが、もし、大会参加のために、一日バイトをやれば数千円から一万円になるものをフイにしています。あと試合の後の飲み会をやればすぐに数千円にもなります。これらを合わせると勝ち進むと一回の大会で数万円にもなるでしょうか。直接払っている金額ではありませんが、よく考えてみると非常に大きなものになります。
だからたとえ3000円余分に出費があっても、これによって今までよりも遥かに高いレベルのバスケができれば非常に有意義だとおもいます。もちろん、こうした場での試合体験はチームや選手個人を大きく伸ばすことができるとおもいます。

あと、公認コーチも関東大会・全国大会に出場する場合には必要になりますが、この際バスケのスキルを伸ばすことにもつながりますので、これもチャレンジしてみてください。

あとベンチルール、ユニフォーム規定などは市区大会に比べ厳格に運用されることが多いので、その辺りも、バスケットボール競技規則を熟読したり、すでに参加しているチームに問い合わせるのもいいかとおもいます。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-15 13:00 | ホッブリ・関連チーム


<< 2008.3.15 BALL ...      3/20東京都バスケットボール... >>