相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 30日

今回のALLDAYに思う

今回は名古屋のクラブチームであるPROLINEが初チャレンジで見事に優勝しました。
いままでALLDAYで上位を占めてきたチームにしてみれば突然の伏兵であり、悔しかったとおもいます。

ただ考えようによっては、今回の出来事は東京近辺のバスケのより一層の活性化のきっかけになる大きなチャンスだったのではないか・・
PROLINEというチームは私たち東京近辺でバスケにかかわる人に大きな一石を投じたのではないか・・と思っています。

ALLDAYやレジェンドリーグ、そしてSOMECITYといった大会で活躍している選手たちで相当人数がクラブチームの所属です。たとえば、横浜ギガスピリッツ、柏リーブス、エクセレンス、ZERO・・一つ気がかりなのは、オールジャパン予選、社会人大会などクラブチームと大学、関東実業団チームなどと一緒に行う大会ではクラブチームが上位に入りにくくなっている気がしています。大学や関東実業団チームのレベルが上がったのか、逆にクラブチームのレベルが下がったのかはわかりませんが・・
それから全日本クラブ選手権大会では、おそらく関東のクラブチームがベスト4に全く入れなかったのは、最近無かったような気がします。横浜ギガキャッツ、ファミリーテンス、ZERO、ガリバークラブ、ALSOK GUNMA CLUB・・毎回上位に必ずでていたとおもいます。

一ついえるのは、関東のクラブチーム同士で対戦していたのではその変化に気がつきにくいということ、これは今回のALLDAYを初め、ストリート系のイベントも同様かもしれません。
相当レベルのバスケ選手は非常に無理をして大きなエネルギーによってスキルを維持しています。だから、常にコート上の練習や筋トレなどで維持する努力を続けていかなければ、そんなに長くない時間で普通の人にもどってしまいます。もし、練習をしなくても勝てる状態が続いたとしたら、その時点では楽かも知れませんが、長い目でみれば、それは選手たちにとって非常な不幸なのではないかな、とおもったりします。
浦島太郎の竜宮城の話がありますが、気をつけないとバスケの場を竜宮城にしてしまう危険があります。実際に浦島太郎の物語の上での700年が過ぎる事はありえませんが、3年や5年はすぐに過ぎてしまいます。バスケの場を「竜宮城」にするか「登竜門」にするかは参加している選手たちの気持ちしだいです。ぜひ頑張ってください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-30 23:15
2008年 03月 30日

ALLDAY終了

ALLDAYも14回になるんですね、自分は2005年8月の第一回から、予選は何回かいけなかったことはありますが、本戦はすべて写真撮影という形で関わられていただいています。
昨年以来久々だったのからかもしれまんせが、今回のALLDAYはPROLINEをはじめ、多くの楽しいチームのプレイがみれて自分にとってとても楽しかったです。

終了後にALLDAYスタッフでの反省会に参加させていただきました。ALLDAYは多くのボランティアによって支えられています。人数にすると数十人はいるとおもいます。ALLDAY終了後に参加者や観客が帰った後に、毎回恒例となっていることがあります。コートのサッカー場側の観客席運びです。実はこの観客席は毎回スタッフが運んでいるんです。普段置いてあるのは陸上競技場の裏、そこから距離にして200mくらいでしょうか。3つに分解してスタッフが毎回運んでいます。
何回か前に、観客席を載せる台車が壊れて、十数人のスタッフが観客席を囲ってお神輿をやって運びました。自分もその中の一人に加わったのですが、重いの何の・・・みんなで息をはずませながら、3基全部運び終えるまでに2時間くらいかかったような気がします。もちろん朝は11時試合開始の遥か前、7時半過ぎに集合して準備を開始します。準備と片付けを入れれば、試合時間よりも長くなってしまうくらいです。ALLDAYを主催されているKOMPOSITIONのメンバーはALLDAYにむけて一ヶ月以上前からいろいろな準備をしています。
ALLDAYが終わった後も、自分が撮った写真を使用したレポートや次回のALLDAYに向けての準備もはじまります。
ALLDAYに出るだけでなく、こうしたボランティア活動に参加することも楽しいとおもいます。

Sunday Crewのキャプテン、まささんです。犬好きなんですね、
c0033988_1531486.jpg
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-30 01:14
2008年 03月 26日

JBLファイナルはアイシンが勝利

今日のJBLファイナル第五戦、アイシン対トヨタはアイシンが勝利してチャンピオンに輝きました。宮田選手、残念ながらオールジャパンに続いて勝利はなりませんでしたが、お疲れ様でした。
次シーズンが始まるまでゆっくり休んでください。もし時間があったら練習にでも遊びに来てください。お待ちしています。

JBLのサイトで試合途中経過をリアルタイムで見られるんですね、たとえば、「第二ピリョード、残り5分13秒、○○ 28 - 25 △△」、あと画像があれば、本当にテレビの生中継なみですね、
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-26 23:49 | 大会・イベント情報
2008年 03月 26日

JBLファイナル第五戦本日

本日、代々木第二体育館でJBLファイナル第五戦が行われます。
トヨタ自動車アルバルク、アイシン・シーホークスともに二勝しており、本日勝利したチームがJBLのチャンピオンになります。
宮田ー佐古のマッチアップも、オールジャパンとJBLファイナルという日本バスケの頂点でおなじみになってきましたね、
宮田選手もトヨタに入って最初のシーズンは辛いものがありましたが、先シーズンのオールジャパンから花咲いて、いまではトヨタ自動車アルバルクで欠く事べからずポジションになってきたとおもいます。頑張ってください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-26 12:19 | 大会・イベント情報
2008年 03月 24日

Ball Tongue行ってきました

地下鉄東西線の木場駅近くにあるバスケカフェ、Ball Tongueに行ってきました。
これで三回目になります。一回目は昨年12月の籠球家族、そして先日の開店1周年記念パーティー、そして今回です。いままではパーティーなどで店内は満員電車並の混雑振りでしたが、今回はゆったりとしていました。店内には熱い常連さんのグループが来ていて、バスケを熱く語っていました。ただ自分が行ったのは閉店間際だったので、ココアをご馳走になっておいとましました。
バスケが好きな人は是非立ち寄ってみるといいとおもいます。バスケが好きで好きでたまらない人と話が弾むかもしれません。

場所は地下鉄東西線木場駅の日本橋よりの階段を上がったところの交差点でクロスしている道を南方向に、道路左側を100mくらい行ったところです。似た駅名で新木場というのもありますが、こちらに行ってしまうと木場まではかなり遠回りしなければ行けないので、くれぐれも間違えないようにしてください。自分も新木場スタジオコーストのイベントの後に木場に行こうとしたのですが、かなり遠かったので、諦めたことがありました。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-24 23:59 | 雑感
2008年 03月 24日

2008.3.24 体育館利用団体総会出席

本日、日曜日の夜に体育館をお借りしている学校で体育館利用団体総会があり出席してきました。
教頭先生のお話では、学校開放を利用している人のなかに、ルールを守れない人がいて、学校側としても困っているとのこと、幸いにも自分たちでは無い様です。ただ、学校という教育の場を夜間、だれもいないときに部外者である不特定多数(実質上)の人が使用する、ということは防犯面から言えば好ましくはないでしょう。でも学校側としても多くの人に開放したい、という意向に感謝して、自分たち利用者と学校側との信頼関係は絶対に崩さないようにしたいものです。信頼関係は構築するためには長い年月が必要ですが、壊れるほうは一瞬にして起きてしまいます。自分自身、毎回付きっ切りで参加者を見ているわけにも行かず、また参加者としても監視されているようで落ち着かないとおもいます。だから、一人ひとりが貴重な体育館を末永く使えるように協力をお願いします。
今年は特に市立総合体育館がアスベスト除去工事で一年間使用できなくなるので、学校体育館を利用希望する人が非常に増えていて相当断っているとのこと、
自分自身、以前参加していたチームで、体育館予約のために毎週会社に行く前に朝七時から2時間並んだことがあります。特に真冬の早朝の寒さはこたえました。いまでも学校開放で定期的に体育館が使用できないチームは体育館の確保に大きな労力を費やしているチームが多数あります。そういう自分の経験から考えると、いまのように体育館を学校ほぼ毎週使用できるのは幸せ以外の何物でもないとおもいます。

何回も繰り返しになってしまい、ここに書くのも恥ずかしいような事項ですが、体育館内での飲食禁止、指定場所以外での喫煙の禁止、ゴミの持ち帰り、バッシュのまま外にでないこと、終了時間の厳守、終了後にきちんと後片付け・掃除をすること、あとホッブリで体育館を借りている場所ではプレイ中のピアス等の装飾品は一切禁止です。万が一これを守れないひとがいた場合、最悪体育館の閉鎖、または活動形態の再検討も含めて考えなければなりません。参加する人は「きちんとルールを守って貴重な練習場を守る」という気持ちをもってください。失ってからでは取り返しがつきません。

4月よりホッブリとして活動を行いたいと思います。曜日は次のとおりです。
火曜日:JR相模原駅近く
水曜日:相模大野駅近く
日曜日:相模大野駅近く
他に木曜日、土曜日など
大変申し訳ありませんが、具体的な会場名はルール等を厳守する確約がとれた人のみにお伝えしております。興味のある方はawm58633@bigllobe.ne.jpにメールください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-24 23:02 | ホッブリ・関連チーム
2008年 03月 24日

小平市と相模原市の大会観戦

今日は二つの市民大会を観戦しました。
まずは、小平市大会で準決勝と決勝・三決がありました。
今回東京都協会の役員をされている知り合いの方が小平クラブを見ておられ、男子決勝の小平クラブvs南西の試合の写真を撮りました。東京都クラブ選手権の時には撮影したチーム数が多くてなかなか撮れなかったのですが、今回は一チームだけたったので、じっくりと撮れました。相手チームは南西というチームで東京都クラブ選手権で上位に入っている選手も何人か見受けられました。こんなチームとの対戦でしたが、結果は南西の勝利で優勝、小平クラブは準優勝でした。
次にはホッブリの地元である相模原市の大会にいきました。前回相模原市の大会に行ったのは一昨年の12月でしたから一年三ヶ月ぶりになります。以前は自分たちの仲間もでていたのでずいぶん行きましたが、最近はご無沙汰しております。久々だったので懐かしい雰囲気もありました。
会場となっている相模原市立総合体育館が今年九月から一年間、アスベスト除去工事で使用できなくなるとのことで、会場確保に頭を痛めていました。そういえば昨年は代々木第二体育館が使用できずオールジャパンは隣の代々木第一体育館、JBLファイナルは地方でやったのを思い出しました。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-24 01:11 | 大会・イベント情報
2008年 03月 20日

ダンクリーグ・オープン大会スタート

ダンクリーグは昨年9月始めに、関東地区の今年・去年の全日本クラブ選手権出場チーム6チームを中心に全9チームに集まっていただき第一回を開催しました。今後ダンクリーグのメインとしては数チームのグループに分けてその中で総当りのリーグ戦形式を考えています。
これ以外に、ダンクリーグとして、もっと多くのチームに参加いただきたく、オープン大会を企画しております。会場の都合で不定期的になってしまうのですが、一日または二日かけて行いたいとおもいます。いずれの場合も、一日二試合(場合によっては一試合)で、三チームならば巴戦、四チームならば三位決定戦付きトーナメントでしょうか。二日ならば5チームによる総当たり戦や8チームによる敗者戦付きトーナメントというのもいいかと思います。

ダンクリーグは、10分×4の公式ルールの公式バスケにとことんこだわった企画です。
ただ残念ながら他のバスケイベントのように試合中にプレイを盛り上げてくれるMCもいなければ、音楽も出来たとしても、せいぜいインターバルにBGMとして流す程度です。試合を盛り上げるのはコート上の選手たち、ベンチの選手・コーチ、そして応援団です。
ダンクリーグとしては、体育館という箱と、審判、それからオフィシャル道具など試合を行うためのお膳立てをします。でも、残念ながらこれから先はダンクリーグ主催者としては何もできません。コート上の二チームが主役、あとはこの二チームがどれだけ真剣に試合に取り組むかで試合は決まってしまいます。いい試合をすれば、それ自体楽しいですし、スキルを向上させるチャンスにもなります。ぜひ「ダンクリーグに参加してよかった・・」と思えるようになっていただければとおもいます。

審判員は主に日本バスケットボール協会公認審判にお願いしています。公認審判は普段は日本協会関係の公式戦など多忙なスケジュールがあり、私どもの方で特にお願いして、その合間を縫って吹きに来ていただいています。そのため吹きにきていただいた審判には、ささやかながら謝礼を差し上げています。審判謝礼は参加チームにお願いした参加費を当てていますのでご承知おきください。あと、ダンクリーグ参加チーム同士などで別途練習試合などを行う場合に、審判の紹介も考えています。もちろん謝礼は必要ですが、試合の良し悪しは審判に大きく左右されます。普段からきちんとしたジャッジで練習をすることはチーム力向上の近道です。是非ご利用ください。

日本協会関連の公式戦と同様に日本バスケットボール協会発行の2007~バスケットボール競技規則に基づいて実施します。だからストリートバスケと違い試合中のピアスは厳禁ですし、試合中はユニフォームのシャツをきちんとパンツにいれる・・というところまで徹底したいとおもいます。堅苦しいかもしれませんが、ルールをきちんと遵守することこそ、上を目指すチームが取り組まなければならない絶対条件と考えています。というのは、チームや選手が強くなって、例えばいままでの市区大会から都県大会へ、都県大会から関東・全国大会へと上位大会にプレイグラウンドが移っていったとき、勝つためにより高度なプレイスキルが要求されると同時に、コート上はもちろんベンチなどそれ以外の競技規則がより厳格に運用されます。全国大会や関東大会に参加しているチームは見た範囲ですがすべてのチームができていることなので習慣となってしまえば、別に何の苦になることではないとおもいます。だから、出来て当たり前の世界、逆にできなければ、会場からは「そんなことも知らないんだ・・」という冷ややかな目で見られます。それ以前に例えば東京都や神奈川県の代表として関東大会や全国大会に行くわけですから、それにふさわしい行動をしなければ、最悪地元大会役員の面子を潰しかねません。バスケスキル向上のために費やしたエネルギーの数十分の一か数百分の一で十分かをかけていただければ余裕にできることです。
もちろん、「そんなの言われなくても知っているから大丈夫だよ・・」というチームにはそれをそのまま実行していただければ結構です。
スポーツはルールがあり、これを堅実に遵守・実行するからこそ美しいし、多くの人に感動を与えられるとおもいます。たとえばテレビで見るサッカーや野球の選手がユニフォームをきちんと着用しているから格好いいとおもいます。逆にわざとだらしなく着用してたら全然格好よくないですよね、ましてや選手が故意にルール違反を犯すことがあったとすれば、全然格好よくないですよね、
ダンクリーグにはメディア関係者は、まだまだごく少数だとおもいます。でも、真剣にバスケに取り組んでいる真剣な姿を少しでも多くの人に是非紹介できるように、自分も写真撮影などで貢献できればとおもいます。皆様もよろしくお願いします。

ダンクリーグに参加を考えているチームの方は、バスケのルールブックである「2007~バスケットボール競技規則」をもう一度見直しておいてください。まだ手元に無い方は日本バスケットボール協会で通信販売をしていただけるので是非ご利用ください。自分的には、ルールブックを理解しないで公式バスケをするのは、交通法規を知らないで自動車を運転するのと同じ・・というように考えています。

次回予定 
5/4 9時~21時(1部:9時から15時、2部:14時から21時)、場所:東京都板橋区内、募集6チーム、3チームずつ前後半に分けてそれぞれ巴戦を考えています。 参加費18000円前後(主に審判謝礼や会場費など) 多少変更があるかも知れません。また募集定数になり次第締め切りとなります。ご承知置きください。

参加希望チームにはチームプロフィールによる登録をお願いしています。チームレベルやチームの目的などを考慮して、組み合わせをある程度考えた上でこちらから参加のお誘いをいたします。興味のある方はawm58633@biglobe.ne.jpまでお願いします。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-20 00:44 | Dunk League
2008年 03月 18日

イベント情報  工事中です。増やしていきます

イベント情報を掲載します(増やしていきます)

JBLプレーオフ 3/20,22,23,25,26 代々木第二体育館  アイシンシーホークス VS トヨタ自動車アルバルク

bjリーグ 4/13まで各所

BJリーグ プレーオフ ボランティア募集
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-18 02:28 | 大会・イベント情報
2008年 03月 18日

トヨタ自動車ファイナル進出

トヨタ自動車アルバルクがセミファイナルでOSGを下してファイナルに進出しました。
対戦相手はオールジャパン決勝と同じアイシンです。
アイシンの佐古選手と宮田選手のマッチアップが再び会場を沸かしそうですね、

今日、オールジャパンのボックススコアをみていて、やっぱ宮田選手のプレイスタイルだな・・というところにふと気づいきました。

宮田選手のコートタイムと得点を見ていくと、一回戦16分42秒2得点、準決勝17分40秒4得点、決勝16分11秒0点
コートタイムに比べて異様に得点が少ない・・とお感じになるのではないでしょうか。

もう6年か7年くらい前になりますが、まだ宮田選手がエクセレンスで試合に出る前だと思います。宮田選手がホッブリの仲間チームのメンバーと相模原近辺の市民大会に出たとき、シュートをしたい選手にひたすらボールをパスし続けたのを思い出しました。おそらく試合に出れば、自分でシュートをしたい・・・というのが多くの人が持つ願望だとおもいますが、彼はひたすらシュートをしたい選手にパスをし続けて、彼自身の得点は僅か2点だったと記憶しています。その選手は気が乗ると3ポイントシュートを爆発させる奴でこのときも3ポイント爆発で見事に勝利を勝ち取ることができました。宮田選手はそんな選手を「その気」にさせる術をそのときから身に着けていたのだとおもいます。
昨シーズン、自分自身トヨタの試合のときにコートエンドで写真を撮らせていただき、このとき宮田選手や他の選手たちの雰囲気をつぶさに感じることができました。宮田選手がコートに立つと、他の4人の選手たちも急に雰囲気がよくなり、相手ペースになっていた試合の流れを取り戻して、ビハインドもあっというまに取り戻す・・というのがありました。
2008オールジャパンではコートタイム0分という選手が何人もいるなかで、宮田選手がスタメンでかつこれだけのコートタイムをもらえるのも、チーム全体を盛り上げて他の選手に得点させる力があるからだとおもいます。トヨタのチームとしても宮田選手のそうした能力を大きく買っているのだな・・と感じました。
いろいろな性格の選手の気持ちが一つになったとき、相手チームが自分たちよりも遥かに格上のチームであっても倒すことが可能になる。これらなんか、やはり5:5の競技バスケの醍醐味では無いのではないかと思います。
宮田選手のように、自分自身はさて置いても、シュートしたいチームメイトにパスして得点につなげる、もちろんシュートした人の方が目立ちますし喝采もあびます。でもチームメイトに花をもたせて、裏方に徹することが出来る人・・、これができる人はとても少ないとおもいますし、チームスポーツには非常に重要な能力でないかな・・とおもいます。地味で目立たない役割ですが、見る人はちゃんと見ているんですね、

あと、かつての宮田選手の印象として、体格も今と違い細身で色白でパッと見、あまり上手そうに見えない(失礼!)、で、相手チームの選手も楽勝・・と言わんばかりにマンツーの格好の相手として宮田選手を選んでくる・・でも試合が始まった瞬間に状況は一変して、宮田選手とマッチアップした選手は息絶え絶えに地獄を見る、という結果になります。
最近ときどき見るのですが、試合前のアップの時にはえらく元気がいいのに、いざ試合が始まると、エネルギーをアップで使い果たしたのか急に元気が無くなってしまうチームがあったりします。
実力のある選手やチームは、無理に自分を飾ってアピールしなくても、普通にプレイしていれば、それがカッコいい。試合中にチームを勝利に導くプレイをすれば、黙っていたって大勢の観客やテレビの視聴者を感動させることができるとおもいます。決して派手ではありませんが、時には裏方に廻ってチームメイトのやる気を引き出す。なかなか目立たない地味なことですが、そういう人はチームにとって欠く事べからず存在になるとおもいます。宮田選手はその典型ではないかとおもったりします。

チームに欲しがられる選手は、自分で得点できる人はもちろんですが、チームの雰囲気を良くして試合の流れを引き寄せられる人、というのも大きなポイントになるのではないでしょうか。逆にそこそこプレイができても協調性がない人や、ましてや他のメンバーを煽動してチームの団結をバラバラにしてしまうような人はどのチームからもつまはじきにされてしまうでしょう。だから、チームが新人選手を選ぶ際には重要になってくるとおもいます。

ふと思ったのですが、オールジャパンの決勝戦にしろ、JBLのファイナルにしろ、間違えなく日本のバスケの最高峰!! 今年の日本協会登録選手は62万人だから、それ以外にバスケに関わっている人も含めれば百万人は余裕で超えるのではないでしょうか。この中でここの晴れ舞台に立てる人は両チームあわせて二十数人のみ、このJBLファイナルに今回で三回連続出場になるので、よく頑張ったな!!、と思う限りです。自分は所要で会場には行けないのですが、ビデオに録画して後から楽しませていただきます。

話が全然それてしまいましたが、ファイナルでは佐古選手を相手に素晴らしいプレーで、先々シーズン、先シーズンに続き三連覇を果たしてください。楽しみにしています。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-18 01:47 | 大会・イベント情報