相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大会・イベント情報( 120 )


2008年 03月 18日

トヨタ自動車ファイナル進出

トヨタ自動車アルバルクがセミファイナルでOSGを下してファイナルに進出しました。
対戦相手はオールジャパン決勝と同じアイシンです。
アイシンの佐古選手と宮田選手のマッチアップが再び会場を沸かしそうですね、

今日、オールジャパンのボックススコアをみていて、やっぱ宮田選手のプレイスタイルだな・・というところにふと気づいきました。

宮田選手のコートタイムと得点を見ていくと、一回戦16分42秒2得点、準決勝17分40秒4得点、決勝16分11秒0点
コートタイムに比べて異様に得点が少ない・・とお感じになるのではないでしょうか。

もう6年か7年くらい前になりますが、まだ宮田選手がエクセレンスで試合に出る前だと思います。宮田選手がホッブリの仲間チームのメンバーと相模原近辺の市民大会に出たとき、シュートをしたい選手にひたすらボールをパスし続けたのを思い出しました。おそらく試合に出れば、自分でシュートをしたい・・・というのが多くの人が持つ願望だとおもいますが、彼はひたすらシュートをしたい選手にパスをし続けて、彼自身の得点は僅か2点だったと記憶しています。その選手は気が乗ると3ポイントシュートを爆発させる奴でこのときも3ポイント爆発で見事に勝利を勝ち取ることができました。宮田選手はそんな選手を「その気」にさせる術をそのときから身に着けていたのだとおもいます。
昨シーズン、自分自身トヨタの試合のときにコートエンドで写真を撮らせていただき、このとき宮田選手や他の選手たちの雰囲気をつぶさに感じることができました。宮田選手がコートに立つと、他の4人の選手たちも急に雰囲気がよくなり、相手ペースになっていた試合の流れを取り戻して、ビハインドもあっというまに取り戻す・・というのがありました。
2008オールジャパンではコートタイム0分という選手が何人もいるなかで、宮田選手がスタメンでかつこれだけのコートタイムをもらえるのも、チーム全体を盛り上げて他の選手に得点させる力があるからだとおもいます。トヨタのチームとしても宮田選手のそうした能力を大きく買っているのだな・・と感じました。
いろいろな性格の選手の気持ちが一つになったとき、相手チームが自分たちよりも遥かに格上のチームであっても倒すことが可能になる。これらなんか、やはり5:5の競技バスケの醍醐味では無いのではないかと思います。
宮田選手のように、自分自身はさて置いても、シュートしたいチームメイトにパスして得点につなげる、もちろんシュートした人の方が目立ちますし喝采もあびます。でもチームメイトに花をもたせて、裏方に徹することが出来る人・・、これができる人はとても少ないとおもいますし、チームスポーツには非常に重要な能力でないかな・・とおもいます。地味で目立たない役割ですが、見る人はちゃんと見ているんですね、

あと、かつての宮田選手の印象として、体格も今と違い細身で色白でパッと見、あまり上手そうに見えない(失礼!)、で、相手チームの選手も楽勝・・と言わんばかりにマンツーの格好の相手として宮田選手を選んでくる・・でも試合が始まった瞬間に状況は一変して、宮田選手とマッチアップした選手は息絶え絶えに地獄を見る、という結果になります。
最近ときどき見るのですが、試合前のアップの時にはえらく元気がいいのに、いざ試合が始まると、エネルギーをアップで使い果たしたのか急に元気が無くなってしまうチームがあったりします。
実力のある選手やチームは、無理に自分を飾ってアピールしなくても、普通にプレイしていれば、それがカッコいい。試合中にチームを勝利に導くプレイをすれば、黙っていたって大勢の観客やテレビの視聴者を感動させることができるとおもいます。決して派手ではありませんが、時には裏方に廻ってチームメイトのやる気を引き出す。なかなか目立たない地味なことですが、そういう人はチームにとって欠く事べからず存在になるとおもいます。宮田選手はその典型ではないかとおもったりします。

チームに欲しがられる選手は、自分で得点できる人はもちろんですが、チームの雰囲気を良くして試合の流れを引き寄せられる人、というのも大きなポイントになるのではないでしょうか。逆にそこそこプレイができても協調性がない人や、ましてや他のメンバーを煽動してチームの団結をバラバラにしてしまうような人はどのチームからもつまはじきにされてしまうでしょう。だから、チームが新人選手を選ぶ際には重要になってくるとおもいます。

ふと思ったのですが、オールジャパンの決勝戦にしろ、JBLのファイナルにしろ、間違えなく日本のバスケの最高峰!! 今年の日本協会登録選手は62万人だから、それ以外にバスケに関わっている人も含めれば百万人は余裕で超えるのではないでしょうか。この中でここの晴れ舞台に立てる人は両チームあわせて二十数人のみ、このJBLファイナルに今回で三回連続出場になるので、よく頑張ったな!!、と思う限りです。自分は所要で会場には行けないのですが、ビデオに録画して後から楽しませていただきます。

話が全然それてしまいましたが、ファイナルでは佐古選手を相手に素晴らしいプレーで、先々シーズン、先シーズンに続き三連覇を果たしてください。楽しみにしています。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-18 01:47 | 大会・イベント情報
2008年 03月 15日

2008.3.15 BALL TONGUE 1周年記念パーティー開催

地下鉄東西線木場駅のすぐ近くにある、バスケットボールカフェ BALL TONGUEで1周年記念パーティーが開かれました。昨年12月に、DOPEの浅井さん主催の籠球家族のパーティーが開かれた場所です。
普段は十数席のスペースがあるのですが、立食形式でもう身動きがとれないほど多くの人があつまりました。喫煙所となっているベランダにも鈴なり・・人数にすると50人は超えていたとおもいます。最初暗くてよくわかりませんでしたが、多方面で活躍しているバスケ関係者が・・とても楽しいパーティーでした。
今回は大勢の参加者でカウンターで飲み物を受け取るのが大変な状態だったのですが、普段ならばもう少し落ち着いて飲めるとおもいます。前回は自動車で行ったのでココアをご馳走になったのですが、ボリュームもあり、かつ大変美味しかったです。他のメニューも楽しみにしています。
近くにいらしたときには是非立ち寄ってみてください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-15 23:44 | 大会・イベント情報
2008年 03月 15日

3/20東京都バスケットボールフェスティバル

来る3/20に東京都バスケットボールフェスティバルが東京体育館で行われます。 要綱

午前中はミニバス関連ですが、16時15分から東京都内のクラブチームで選抜チームをつくり紅白戦をおこないます。 選抜選手 
とても楽しみにしています。

この中で自分と馴染みの選手は、

まず、Aチーム
葛飾バックボーン 中元剛選手、
 葛飾バックボーンは最近は非常に盛り上がっていて、その中でも中心的な選手です。楽しみにしています。Dunk Leagueでも素晴らしいプレーを見せていただきました。

江東クラブ 丸山泰則選手、 
 2001年の頃に結成された初代HotBlizzardsのメンバーの一人です。今回は選ばれていませんが丸山選手と同じ江東クラブで広瀬大志選手(bjリーグ初年には東京アパッチで活躍)と現トヨタ自動車アルバルクの宮田諭選手とともに盛り上がりました。2002年にそれまでの東京都チャンピオンのファミリーテンスをいきなり下して優勝したエクセレンスのの初期メンバー10人中4人がはこのときにHotBlizzardsに集まったメンバーです。今回Bチームにエクセレンスから出ている羽部恵多郎選手もその一人です。

如月クラブ モハメド・ダン・トーロ選手
 如月クラブも以前ホッブリと何回も対戦したり、ときには一緒に試合にでたり、いろいろ付き合いをさせていただいています。東京都クラブ選手権でもまだ波はありますが、中堅どころの座を固め、そろそろ上位を狙える位置に近づきつつあります。その如月クラブの「大黒柱」、最近はレジェンドにもでているリンジー選手とともにツインタワーを形成しています。

勉族 松島泰弘選手、 
 勉族といっても柏リーブスのメンバーを中心に構成される柏の勉族とは別チームです。自分は柏勉族に対して東京勉族といって区別しています。2000年だとおもいますが、相模原市内で開催していた相模原バスケットボールリーグに参加いただいたことがあります。以前に東京と柏の同じ勉族対決なんていうのを両チームに提案したことがありましたが、残念ながら実現には至りませんでした。

Bチーム
 エクセレンス 吉元悠選手
 昨年8月にレジェンドに入って以来、エクセレンスの選手というよりも、むしろ、Y2(ワイワイ)や小柄な選手ということから「お豆ちゃん」というakaでレジェンドやALLDAY、SOMECITYなどストリート系で見ることが多くなりました。もう何年になりますか、自分は吉元選手をエクセレンスに入団して以来見続けており、体育館の中でエクセレンスの選手としての方が馴染みが深いです。エクセレンスをリードしてひた向きプレーに打ち込む姿にとても好感をもった選手でした。

 エクセレンス 羽部恵多郎選手
 江東クラブの丸山選手とともに、以前HotBlizzardsでプレーしていたことがあります。今でもエクセレンスには欠くことべからず選手です。

 代官山MADMAX 足立卓也選手
 代官山MADMAXも以前に相模原バスケットボールリーグに参加いただいたことがあります。それ以来、ホッブリメンバーがMADMAXの練習にお邪魔したり、一緒に試合に参加したりといろいろ楽しませていただきました。最初に見かけたのは確か品川区の大会だったとおもいます。たまたま負け試合の後だったか怖いイメージがありましたが、お話させていただくと、本当に明るくて気さくな方です。以前に何回か飲みにご一緒させていだいたことがあります。最近はなかなか行く機会もありませんがキャプテンの田代選手とともにバスケ談義で盛り上がりましょう。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-15 11:31 | 大会・イベント情報
2008年 03月 10日

全日本クラブ選手権結果

全日本クラブ選手権の結果が出ていました。
関東勢は昨日までに敗退してベスト4入りはなりませんでした。

男子
 優勝:琴丘体協 秋田
 準優勝:O55(オーファイブツー) 三重
 三位:HEADS HOG 新潟,PROLINE 愛知
女子
 優勝:LOWS 愛知
 準優勝:KNC 石川
 三位:With Spirits,JOIN 徳島

香川県協会HP
→第34回全クラ専用HP開設→大会結果
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-10 18:37 | 大会・イベント情報
2008年 03月 08日

全日本クラブ選手権開催

全日本クラブ選手権が高松で今日から開催されています。
自分も行きたかったのですが、所用があるため涙を呑んでいます。
Dunk League参加チームから、葛飾バックボーン、柏リーブス、エクセレンスが、そして知り合いチームとしてALSOK GUNMA CLUBが参戦しております。
ぜひ日本一を目指して頑張ってください。

組み合わせ、結果など
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-08 22:22 | 大会・イベント情報
2008年 03月 08日

ALLDAYエントリー開始

3/28.29に開催されるALLDAYのエントリーが開始されました。

ALLDAY公式HP
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-08 14:44 | 大会・イベント情報
2008年 03月 06日

柴山英士選手(AJ)SOMECITYより引退、Far East Ballers解散

2/25開催予定だったSOMECITYが突然キャンセルになり、一体何が起きたのか・・とおもっていたのですが、昨日のSOMECITYのWEBでの発表および本日のSOMECITYで状況があきらかになりました。
SOMECITYおよびFar East Ballersの代表であり、日本のストリートバスケの重鎮である、柴山英士選手がこれらから退く、そしてFar East Ballersを解散する、というどちらもショッキングなニュースでした。 Far East Ballersブログ
Far East Ballersは柴山選手を中心に立ち上げたもので、現在は多くの人に普及している、ボールパフォーマーンスであるフリースタイルバスケも柴山選手が日本にもたらしたのがきっかけで広まりました。
柴山選手は、このSOMECITYのみならず、ストリートバスケリーグのレジェンドリーグなども設立に関して多大な尽力がありました。彼なくしては成し得なかったといっても過言ではないとおもいます。いままでご苦労様でした。
ぜひこれからも何かしらの形でバスケに関わっていただければとおもいます。また柴山選手のミラクルプレーと楽しいトークを楽しみにしています。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-03-06 23:57 | 大会・イベント情報
2008年 02月 28日

子安大輔選手レジェンドお疲れ様でした

今朝、レジェンドの選手ブログをみていたら、柏リーブスおよび勉族に所属している子安選手(KOYASU)がレジェンドを引退するとの記事がありました。そういえば、昨日のレジェンドEXには姿を見せなかったな・・なんておもっていたのですが・・
すこし前の関東クラブ選手権では今年柏リーブスは、水野・沼田・高橋選手など全員が一体となって、いままで毎回優勝の強豪横浜ギガスピリッツを見事に下して全日本クラブ選手権出場を手にいれました。子安選手もゆっくり休んでいる暇はありませんね、これからは、体育館でのバスケに専念してください。
今回、柏リーブスで子安選手が#4のトップナンバーになっていました。以前は水野選手だったような気がします。
自分自身の気持ち的には、今年最初にホッブリの小田和広選手がレジェンドから戻ってきたときのように、すごく身近になったような感じがしています。これからも、全日本クラブ選手権など体育館バスケで素晴らしいプレーを見れることを楽しみにしています。頑張ってください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-02-28 22:48 | 大会・イベント情報
2008年 02月 23日

レジェンドシーズン6に関して

レジェンドシーズン6が来週2/27にスタートしますが、それを前に選手の顔ぶれが少しずつ公開されています。
いまのところ公開されている選手はこんな感じです。 レジェンド公式ホームページ

残留
 YAMA,DELA,TAIKI,ST,ATSUSHI,LINDZ 他は不明
復活
 YOHEI
新規
 BOB,M21

今後の予定ですが、4/5にはバトルハウスがおこなわれるようです。
2/27 開幕戦 O-EAST
4/5 バトルハウス クラブチッタ

YOHEI選手は昨年6月のシーズン4を最後に他のFar East Ballersのメンバーとともにレジェンドを離れたのですが、今回再び復帰するとのこと、そういえば2/26に予定されていたFar East Ballers主体のSOME CITYがキャンセルになるらしいので、このあたりで何かなければいいのですが・・このへんに知り合いは多くいるので何かしらの情報は手に入るかもしれませんが、いずれわかることなので、今は成り行きを静観したいとおもいます。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-02-23 16:22 | 大会・イベント情報
2008年 02月 18日

関東クラブ選手権を終わって

今回、関東クラブ選手権を通して一番の出来事は横浜ギガスピリッツの関東大会突破がならなかったことでしょう。
これは横浜ギガキャッツ時代も含めて参加資格問題で辞退したのを除くと、関東クラブ選手権関東大会はギガが連覇し続けてきました。クラブ選手権とともにオールジャパンも資格問題以外では毎回出場でしたが、今回はどちらもロストしました。
躍進がみられたのは、東京代表の葛飾バックボーンは一月最初に行われた東京都クラブ選手権でもいままでの覇者であるエクセレンスを破って、またこの関東大会でもエクセレンスを再び破りました。あと柏リーブスも横浜ギガスピリッツに大差をつけて少なくとも公式戦では初白星だとおもいます。今回この2チームの躍進が目立ちました。
この2チームに共通しているのはチーム内の結束の強さでしょうか。柏リーブスは、自分がうらやましいと思えるほど(
隣の芝生は青く見える・・ということを考慮しても)明るいチームで、バスケを楽しんでいながら、成績もちゃんと残す・・
一方の葛飾バックボーンは高い目標、おそらく全国制覇を目指してチームが非常に盛り上がっています。
JBLや学生チームが生活の中の大きなウェイトをおいてバスケに取り組んでいるのにたいして、クラブチームは社会人が多く、仕事や家庭など忙しい時間をやりくりしてチームの活動に参加しています。これができて初めてチームとして成り立ちます。各人相当無理をして何とか時間のやりくりをしていることでしょう。全部は無理でしょうが、可能な限り日ごろの練習から、練習試合公式戦、それも初戦から決勝戦にいたるまで一つ一つ、コツコツとチームメンバー全員で作り上げていくことにより強く充実したチームができるのではないかとおもいます。
今回、全日本クラブ選手権の切符を手に入れたチームは上位に食い込めるように全力を尽くしてください。残念ながら敗退してしまったチームは、今回の悔しさをバネにして次回に向けて頑張ってください。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-02-18 17:26 | 大会・イベント情報