相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 16日 ( 1 )


2008年 08月 16日

2008.8.13-15 ハンドボール イベント IN 横浜

横浜クイーンズ・スクエアで行われたハンドボールイベントに行ってきました。
現在行われている北京オリンピックは、予選で決勝戦まで進みながら惜しくも切符を逃し、四年後のロンドンオリンピックに向けての「ハンドボール応援企画 目指せロンドン!2012 ストリートハンドボール」というイベントでした。
このイベントのプロモーションを行ったのが、(株)フロム・ザ・ストリートです。
ストリートバスケをやっている人ならば、どこかで聞いたことのある会社名だとおもいます。そう、昨年までストリートバスケットボールリーグのレジェンドリーグを主催していた会社です。
フロム・ザ・ストリートのホームページもリニューアルされていますので、ごらんください。
自分自身今回のイベントではじめてハンドボールの写真を撮りました。バスケの全く違うプレイスタイルにかなりとまどいましたが、三日間、試合時間にすると70分ほどですから公式戦(30分×2)を一試合ちょっとという感じでしょうか。それだけ撮っている間に、僅かながらでもタイミングがつかめてきたような気がしました。
ハンドボールはゴールキーパーがいるので、如何にゴールキーパーが防ぎにくいシュートをするか・・それにはフェイントあり、突然のシュートあり、またシュートのタイミングもまちまちで写真を撮るほうにしてみると至難の業でした。ゴールキーパーのいないバスケの撮影に慣れている自分としてはかなり辛いものがありました。
肝心のイベントの方ですが、意表をつくハンドボールの説明のためにアレンジされたNHKラジオ体操が大好評でしたし、デモゲームでオフェンス選手から放たれる矢のごとき目にもとまらぬスピードのシュートがすごかったです。決して派手さは無いけど、自分的にはむしろひた向きに頑張る選手たちの姿がとても印象的でした。
今回のイベントを通じて感じたのが、運営スタッフも、選手も、アクターも一致団結してイベントを盛り上げていたのが感じられたことです。そして、ハンドボールのNPO団体、そしてハンドボール協会、日本代表選手・・日本のハンドボール関係者の多くが今回のイベントを暖かく見守っている様子が伺えました。何かすごく心が温まる感じがしました。
ぜひ今回のイベントをきっかけに、日本のハンドボール関係者皆が心を一つにして2012年ロンドンオリンピックに向けて頑張ってもらえればとおもいます。

ちなみに、北京オリンピックで男女とも出場できなかった種目はバスケとハンドボールだけだそうで、ちょっと悔しい気がします。是非2012年ロンドンオリンピックには両方とも代表を出したいですね、

今回のイベントのために作られたハンドボールコートです。オリンピックの五色が使われています。
c0033988_21343455.jpg


今回のイベントにお伺いするきっかけは、少し前に、偶然にもフロム・ザ・ストリートの金井真澄社長と再会する機会があり、今回のイベントの写真を撮らせていただくことになりました。
金井社長にはレジェンドの時に非常にお世話になりました。というのは自分が代表をしているHot BlizzardsというチームをFar East Ballers,TEAM-S,勉族,Bounceとともレジェンド選手が所属するチームとしてきちんと認知していただいたことです。これによってレジェンド開幕当初、太平洋クラブというレジェンド選手が集まってつくったチームの所属になっていた小田和広、江尻健、義村雄介といったHot Blizzardsの選手たちが再び自分たちのチームからALLDAYにでられるようになりました。当時彼ら三人がいないとホッブリの活動はほとんど身動きができない状態で、私が何とかホッブリ選手が一緒に試合にでられる場をつくろうと、早朝体育館予約に並んだり休日にクラブ選手権などの大会を廻って都や県の上位チームに対戦相手をお願いするなどして試合を企画しても結局レジェンドの予定が入ってしまい流会か、できたとしても肝心のホッブリは抜きになってしまう・・、ホッブリ選手が一緒に試合にでてほしくて大会を企画しても、会場にホッブリ選手が誰もいない・・本当に虚しかったです。だから月一のALLDAYこそが、唯一レジェンドとぶつからない、まさにHot Blizzardsの生命線でした。「普段の土日はレジェンドでプレイしていてもいいから、せめて月一回のALLDAYの時だけはホッブリ選手にもどって、メンバー皆が一緒に試合に出てほしい・・」金井社長にはこんなささやかな望みを叶えていただきました。
笑い話になってしまいますが三年も昔の話ということで・・、あまりに辛かったので、とにかく思い出したくない・・でも、ある日駅まで歩いていく途中の道端で工事をしていてそこに「太平洋セメント」とかかれたセメント袋を見つけて落ち込み、自動車を運転していて前のセメント運搬車に「太平洋セメント」と書いてあるのを見て落ち込み、はたまた会社でエクセルを使っているときにAJ列が出てきて(AJは当時レジェンドの代表的選手だった柴山英士選手のa.k.a.)落ち込み、仕事も手につかなくなったので、これがきっかけでエクセルは表の縦横とも数字で表すR1C1参照をマスターしました・・もう気持ち的に相当にまいっていました。こんなこともあり金井社長には本当に救われた想いでした。今でも感謝し続けています。
やり方次第で、レジェンドは選手をだしているチーム、それから選手にとっても絶対にプラスになると確信しています。ぜひこれからもレジェンドとチームの間のコミュニケーションを密にしていただき、両者、そして選手皆がオールハッピーになっていただけたらとおもいます。

話はそれてしまいましたが、リニューアルしたフロム・ザ・ストリートがこれからも、プロモーションによって多くのジャンルのスポーツ、エンターテインメントをもっともっと盛り上げていってもらえればとおもいます。いろいろな人や団体と一緒に力を合わせてイベントを通じてその種目の活性化を推進していって、一人でも多くに喜びと希望を与えていってください。期待しています。
自分も時間の許す限り写真などで協力できれば、とおもっています。
[PR]

by hot-brizzards | 2008-08-16 21:41