相模原Hot-Blizzards

hotbrizs.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 10日

bjトライアウト 

今年で三回目になるbjトライアウトが開催されます。
今回は、東西カンファレンス制実施によりトライアウトも東西別々に開催されます。

東:1/8 船橋アリーナ 締め切り12/20
西:1/14 福岡第一高等学校  締め切り1/3

両方を受験することも可能です。参加費各5250円

bj公式ブログ 携帯版は12/3投稿分を参照ください。

以前にお伝えした内容と異なっています。ご注意ください。



トライアウトは目的が成就する人は全体の多くて1パーセント程度、競争倍率でいうと100倍をこえるような極く狭き門です。おそらく今回のトライアウトを受けた多くの人が「不合格」という現実に少なからずともショックを受けるでしょう。でもこのショックが将来に自身を飛躍させる大きなきっかけになるかもしれません。「次回までもう少し練習を積んで・・」なんていわないで、ぜひこのショック少しでも早くうけるといいとおもいます。選手生命は有限ですし、特にプロチームの場合、年齢が上がるにつれて、将来の伸びる余地も小さくなりますし、また残された活躍期間も短くなりますので、同じチームであってもハードルはどんどん高くなります。もし今回ダメでもトライアウトはこれで終わりではありません。来年も再来年もあります。まずは自分自身が現在の評価はどうなのか、そして目的を果たすことに不足していることは何か、不足を埋めるために伸ばすべきところは何か、これをきちんと理解することにより、将来が少しでも開けるのではないかとおもいます。
自分がいろいろな選手をみていて、自己の評価と他人の評価とのギャップが大きい人がよく見受けられます。チームや普段参加している大会でお山の大将的に存在になって、何でも自分の思うとおりにプレイができている人の中に自分は万能だ・・なんて思い込んでいる人がいるかもしれません。これで満足して終わるというのも選択肢の一つだとおもいます。でもこれで満足せずに、高い目標を目指して敢えて不満足な状態に自分をもっていきたい・・という人はトライアウトは絶好の機会です。
今回プロ選手になるという夢を果たせなかったとしても、トライアウトにチャレンジすることにより自分自身を変えていく大きなきっかけになるかもれません。ショックで潰れてしまう人と、跳ね返せる人がいますが、もし貴方がショックを跳ね返せる人であったらなば、明日からの練習に打ち込む気持ちが全く変わるとおもいます。いろいろな気づきがあるとおもいますし、一緒にトライアウトを受けた人は、これから上を目指して凌ぎを削りあうよきライバルですし、つい最近まで学校の体育館の片隅で一緒にプレーしていた仲間が、今は大きな会場に詰掛けた大勢の観客を感動の渦に巻き込んでいる・・こんなのを見ていると、もういてもたってもいられないですよね、
あと、トライアウトはbjリーグだけでなく、今シーズンはレラカムイ北海道などJBLチームやクラブチーム、それからレジェンドリーグ、それからあんどうたかおさんが主催されているHoop Dreamで海外でのプレーの登竜門にあたるものも行われています。(こちらも、このブログで紹介していきたいとおもいます)
これらのトライアウトを、もちろん精一杯練習を重ねてですが・・、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
数年後の自分を想像してみてください。もちろん実際にプロ選手になれる人はごく僅かなので、夢を叶えられる人は僅かです。でも、プロを目指して頑張った努力の積み重ねは、bjリーグに限らず、どんな場所であっても必ず生かされるとおもいます。いまは、どんなに頑張っても絶対に勝ち目がない・・とおもっていたライバルが、いつのまにか小さく見えるかもれません。

まずは清水寺の舞台から飛び降りる気持ちでチャレンジすることをお奨めします。
[PR]

by hot-brizzards | 2007-12-10 07:52 | 大会・イベント情報


<< トライアウトに関して      次回ホッブリ練習は12/19 >>